万年筆

トップページ > 万年筆 > 万年筆を選ぶポイント

万年筆を選ぶポイント

ペン先の太さ

メーカーにより異なりますが、一般的にこの4種類です。太字になるほど、滑らかな書き味になります。

ペン先の素材

主にペン先は金で作られています。金はインクの酸に侵されないからです。ペン先には、14K、18K、22Kと記されています。金以外に、ゴールドプレート、シルバープレート、ステンレス製等があります。字の太さ(細字、太字)はペン先のイリジウム(金とは別の物質)の大きさで決まります。

ペン先の弾力

軸の大きさ

主軸の太い筆記具は手に力が入らないので、疲れも少なく、長時間の使用に適しています。 メモや手帳の書き込み程度ならば、細い軸でも良いでしょう。

軸の素材例

素  材 特  色
プラチナ(白金) 銀白色の金属で展延性がある。ソリッドは少なくプラチナプレートが多い。
ゴールド(金) 酸やアルカリにおかされない上、重く軟かで展延性がある。筆記具にはイエローゴールドが多く用いられる。
スターリングシルバー(銀) 純銀。銀を92.5%以上含むもので、残りは銅が多く用いられる。
クローム クロミウムの別称。銀白色、光沢のある硬い金属。耐食、耐熱、耐磨耗性に優れている。
ガンメタル 銅90%と錫10%の合金。砲金(ほうきん)ともいう。抗張力は弱いが、摩耗・腐食に強い
チタン チタニウム。鋼に似た光沢をもつ銀白色の固い金属。軽量でありながら、耐久、耐熱、耐磨耗、展延性にすぐれる。
カーボンファイバー 炭素繊維。アクリル系繊維などを炭化して作る。非常に軽く、耐熱性、弾性にすぐれる。
レジン 樹脂(プラスチック)の総称。軽量性、着色特性がある。
セルロイド 成形性、着色にすぐれ常温では強靱な弾性体だが、その反面、熱に弱く変色しやすい。
エボナイト 生ゴムに硫黄を化合させた黒い光沢のある製品。加工性、耐食性にすぐれるが、紫外線に弱く変色しやすい。

※この他に、木製(ブライヤー、メープル)や漆万年筆などがあります。

PAGEUP